301、301L、301LN鋼板の比較

301ステンレス鋼は、加工硬化率の高いオーステナイト系ステンレス鋼の一種です。 その引張強さは1300MPa以上まで可能です。 1/16硬化から完全硬化の冷間圧延301プレートが利用可能であり、1/2硬化条件下で十分な延性を維持します。 航空機部品、建物の構造部品、特に圧延または曲げ後の鉄道車両部品に使用できます。 3/4硬化から完全硬化の冷間圧延シートは、高い耐摩耗性と弾性を必要とする単純なコンポーネント設計に使用する必要があります。 ザ・ 301L および301LNは、301の低炭素バージョンおよび高窒素バージョンです。より優れた延性が必要な場合、または厚い断面プロファイルを溶接する場合は、低炭素301Lが推奨されます。 301Lnのより高い窒素含有量は、より低い炭素含有量を補うことができます。 これらは、ASTM A666、JIS G4305、およびEN10088-2で指定されています。

 

301、301L、301LNの化学組成

グレード C Mn Si P S Cr Ni N
301 ≤0.15 2.0 1.0 0.045 0.03 16.0-18.0 6.0-8.0 0.1
301L ≤0.03 2.0 1.0 0.045 0.03 16.0-18.0 6.0-8.0 0.2
201LN ≤0.03 2.0 1.0 0.045 0.03 16.5-18.5 6.0-8.0 0.07-0.2

 

301、301L、301LNの機械的性質

301焼戻し

ASTM A666

引張強さ、Mpa 降伏強度0.2%、Mpa 伸び(50mm)厚さ> 0.76mm 硬度、ロックウェル
アニールされた 515 205 40 /
1/16ハード 620 310 40 /
1/8ハード 690 380 40 /
1/4ハード 860 515 25 25-32
1/2ハード 1035 760 18 32-37
3/4ハード 1205 930 12 37-41
フルハード 1275 965 9 41+

 

301、301L、301LNの仕様

グレード UNSいいえ ユーロ標準 JIS
いいえ お名前
301 S30100 1.4319 X5CrNi17-7 SUS 301
301L S30103 / / SUS 301L
201LN S30153 1.4318 X2CrNiN18-7 /

耐食性

そして 304ステンレス鋼、常温および軽度の腐食用途で優れた耐食性を備えています。

耐熱性

840°C(断続使用)および900°C(連続使用)までの温度に対して優れた耐酸化性。 400°Cを超えると加工硬化効果が徐々に失われ、800°Cでの強度は301の焼鈍に相当します。 クリープ条件下では、加工硬化された301の強度は、焼きなましされた301の強度よりも低くなります。

溶体化(アニーリング)処理

1010-1120°Cに加熱し、急速に冷却し、約1020°Cで焼きなました。 熱処理はそれを硬化させません。

冷間加工

301ステンレス鋼 そして、高強度の機会の必要性のためのその低炭素バージョン301L。 それは約14MPa /%Raの非常に高い加工硬化率を持ち(冷間加工面の減少の1%ごとに、引張強度は14MPaずつ増加します)、冷間圧延および冷間成形は非常に高い強度を達成でき、ひずみ硬化オーステナイトの一部ですマルテンサイトに変換されます。 301は焼鈍条件下では磁性ではありませんが、冷間加工後は強い磁性を示します。

溶接

301はすべての標準的な溶接方法に使用でき、ほとんどの場合308L溶加材を301溶接に使用できます。 301ステンレス鋼溶接部は、最適な耐食性を得るために焼きなましする必要がありますが、301Lまたは301Ln溶接部は焼きなましを必要としません。 溶接と溶接後焼鈍はどちらも冷間圧延による高強度を低下させるため、熱影響部が小さく、部品全体の強度がほとんど低下しない冷間圧延301部品の組立にはスポット溶接がよく使用されます。

一般的なアプリケーション

鉄道車両の構造部品-ロール成形、曲げ成形、またはストレッチ成形をプロファイルに、これもシートで。 航空機の胴体、ロードトレーラー、車のホイールキャップ、ワイパーホルダー、トースタースプリング、ストーブ器具、スクリーンフレーム、カーテンウォールなど。