オーステナイト系ステンレス鋼

ステンレス鋼は、最低10.5%のクロムと、6%のニッケル、モリブデン、およびニオブを含む合金鋼です。 ステンレス鋼は一般鋼に比べて腐食しにくく、錆びにくいです。 オーステナイト系ステンレス鋼は、クロム-ニッケル-鉄合金の一種で、クロムが16〜26%、ニッケルが6〜22%で、炭素含有量が低くなっています。 ニッケルの含有量は耐食性を高めます。 磁性がなく、焼戻しだけでなく冷間加工でも硬化します。 タイプ304(18/8鋼)が最も一般的に使用されるグレードです。 WLD Steelでは、オーステナイト系ステンレス鋼製品を幅広い形態、グレード、仕上げ、ゲージ、幅、長さで提供しています。