ステンレス鋼管に溶体化処理が必要なのはなぜですか?

溶体化処理は、炭化物溶体化とも呼ばれ、ワーク部品を1010℃以上に加熱して炭化物の析出物(ステンレス鋼固溶体からの炭素)を除去するプロセスです。炭化物はステンレス鋼の固溶体に戻った。 溶体化処理は合金鋼とステンレス鋼に適用できます。 にとって 304ステンレス鋼 鋳造、溶体化処理により、炭化物不純物のない均一な微細構造を生成できます。 一般に、ステンレス鋼管を約950〜1150℃に長時間加熱して、炭化物や各種合金元素をオーステナイトに完全に均一に溶解させた後、急冷水冷して炭素などの合金化により純粋なオーステナイト構造を得る。遅い沈殿への要素。 なぜステンレス鋼管に溶体化処理が必要なのかという疑問があります。 まず、溶液アニーリングプロセスの機能を知っておく必要があります。

均一な金属組織構造

これは原材料にとって特に重要です。 熱間圧延鋼管の圧延温度と冷却速度の不一致は、構造に同じ結果を引き起こします。 高温で原子活性が増加すると、σが溶解し、化学組成が均一になる傾向があり、急冷後に均一な単相構造が得られます。

 

加工硬化の排除

固溶体処理により、ねじれた格子が復元され、壊れた粒子が再結晶します。 鋼管の内部応力と引張強度が低下し、伸び率が上昇して連続冷間加工が容易になります。

 

耐食性の向上

ステンレス鋼の耐食性は炭化物の析出とともに低下し、鋼管の耐食性は固溶体処理後に最高に戻ります。 ステンレス鋼の溶体化処理では、温度、保持時間、冷却速度が最も重要な要素です。

固溶体温度は化学組成に依存します。 一般的に言えば、固溶体温度は、合金元素が多く、含有量が多いグレード、特にマンガン、モリブデン、ニッケル、シリコンの含有量が多い鋼では、それに応じて上昇させる必要があります。 固溶体の温度を上げて完全に溶解させるだけで、軟化効果が得られます。

ただし、316Tiなどのいくつかの例外があります。 固溶体温度が高い場合、安定化元素の炭化物はオーステナイトに完全に溶解し、Cr23C6の形で粒界に析出し、その後の冷却で粒界腐食を引き起こします。 安定化元素の炭化物(TiCおよびNbc)が分解して固溶するのを防ぐために、固溶体温度を低くすることをお勧めします。

 

0 返信

コメントを残す

議論に参加してみませんか?
貢献してお気軽に!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *